R20恋と愛とセックスについて

オトコのセックス遊びのマナーについて

139
昨今では、特に男女関係なくセフレを作ることが増えてきていますが特にオトコにとってのセフレはいつでもセックスができるという便利な存在であり、オトコの性欲のはけ口のような形で重宝しますね。
恋人を作ったりすればいいのでしょうが、そうも簡単にいかない人もいるし恋人がいてもセフレを作るオトコは沢山います。
セフレは男子の甲斐性
オトコは、セフレを作ってセックス遊びをしてナンボだなんて考えている人もいますが、確かにセックス経験を深めれば深めるほど男子は女をより理解しやすくなるものです。
恋人を作ってその子とだけセックスをするのも多いにありなのですが、オトコの欲求のままに恋人を敢えて作らずいろんな人と恋愛感情を抜きにしたセックスだけを楽しむというのもオトコの楽しみ方の一つかもしれません。
それこそ、一生独身でもいいから縛られずに女を侍らせて複数のセックスフレンドたちと飽きないようにセックスをし続けるというのも一つのオトコの楽しみを重視した生き方だと言っていいでしょう。
確かに、それ自体は楽しいのかもしれませんがそういった遊びを楽しむオトコには気をつけておかなくてはいけないことがあります。
それは、複数の女とセックスを何度もしていると性病のリスクがあるということです。
当然ですが、いろんな女とセックスをしていれば性病を持っている女と遭遇してしまう確率も高いですし、危険も増してしまう物です。
だから、セックスをするときはコンドームをするというのも遊びを楽しむオトコの嗜みと言っていいでしょう。
コンドームは避妊だけではなく、性病予防にもなりますのでリスクを回避するのは何も女のためだけではなくオトコのためでもあるということなのですね。
欲求に素直になるのもいいのですが、それはあくまでもオトコとしてセックスをその後も問題なく楽しむことができるように、より安全なプレイを楽しむことができることを前提にしているということです。

カラダだけの関係はぞんざいに扱ってはいけない

34
セフレ、というのは所謂カラダだけの関係なわけですが、カラダだけの関係だからと言ってセフレをあまりにもぞんざいに扱っていいわけではないということを覚えておきましょう。
カラダだけの関係だからこそ大切に
オトコと女は、カラダだけの関係というのは基本的にお互いの立場というのはイーブンであることが望ましいです。
オトコか女、どちらか立場が上だと破たんしてしまうこともありますし、我慢してカラダの関係を続けなくてはいけないことも出てきますのでいつか終わってしまうことが予見されます。
カラダだけの関係は、一見すると恋人よりも相手を大切にしなくてもいいのではないか、という風に見えるかもしれませんがカラダだけの関係だからこそ会っているときは恋人以上に大切にしてあげることが必要です。
カラダだけの関係は、基本的にお互いに恋愛感情というものを持っていないのが普通ですが、だからと言って道具や性奴隷のように扱っていては愛想を尽かされる原因になってもおかしくありません。
もちろん、恋人のように普段からマメにメールをしたり電話をしたりというような精神的な繋がりを満たしてあげるほど大切にしてあげる必要はないのですが、カラダだけの関係の相手を大切にするということは言ってみれば出会っているときだけは恋人のように振る舞うということでもあるのです。
カラダだけの関係は、言ってみれば会っている時にセックスをするというよりも、どちらかというとお互いの都合のいい時に恋人ごっこをして、恋愛的な気持ちの不足を満たすというような性質に近いわけですね。
だから、カラダだけの関係の相手であればセックスをする時はもちろんですが一緒にいる時はなるだけ優しくしてあげるといいでしょう。
ただ、挿入しておしまいというような淡泊なセックスではなく、キスやスキンシップも沢山含めることによって、カラダだけの関係でも気持ちが満たされるということは多いにあり得ることですからね。

アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

運営者:相原 カレン
■お問い合わせ
Copyright(c) 2015 R20恋と愛とセックスについて All Rights Reserved.